クラブメンバーの保護者さまより、ハンドボールをはじめたきっかけや、クラブに加入してからお子さまがどう変わったか、コメントをいただきました。
クラブ加入検討の参考にしてください。
 
 
 
「新しいスポーツを始めたくて、Facebookで体験クラブを見つけ体験しました。息子は初めて触れたスポーツでしたが、「こんなに楽しいスポーツがあるんだ!」と夢中になり、チーム発足とともに入部しました。
 ハンドボールを続けていきたいという強い思いから今後の目標ができ、なんでも進んで取り組むようになりました。特に学習面では進んで勉強するようになり成績も一気に上がりました。
生活面では、食事に関して興味を持ち 身体作りのために…と食べる事を意識するようになりました。」
(小学6年生男子 母)
 
 
「もともと あまり外に自分を出さない子だったけど、ハンドを始めてから明るくなって自分を出せるようになってきました。学校の担任の先生にも言われました。本当にハンドを始めて良かったです。」
(小学6年生女子 母)
 
 
「ハンドボールを始めて1年以上たちましたが、体力がつき、毎日楽しんで練習に行っているうちに いつのまにか協調性や挨拶なども自然と身についてきているように感じます。
 今まで少年団活動など入ったことがなかったので、チームプレーに少し不安はありましたが、子供たちの頑張りをみていたら 全く不安などはなくなりました。
 今では 娘や監督コーチ、チームのメンバーみんなに感動を与えてもらい感謝です!」
(小学6年生女子 母)
 
 
「体験会に参加し、本人がやりたいと言うので入部することにしました。今ではハンドボールの練習が毎回楽しみなようです。
ハンドボールは、「走る・跳ぶ・投げる」などいろいろな要素が入っている競技なので、特に小学校低学年のこどもには他のスポーツの下地にもなると思います。
また、別の学校の友達がたくさんできることもこのクラブの魅力だと思います。
発足したばかりなので、チームとこどもたちの成長が楽しみです。」
(小学1年生 男子 父)