クラブ設立

平成30年4月から、十勝初の年長から小学生、中学生までのハンドボールクラブとして活動を開始しました!

2018年11月現在、年長から中学校2年生まで、男子31名、女子24名の総勢55名のメンバーが在籍しています。

 

 

ハンドボールは「走る、跳ぶ、投げる」の3要素が揃った全身を使うスポーツであり、ボールとシューズがあれば誰でも楽しめるスポーツです。このハンドボールを通じて、心身の強化を図り、また、チームプレーの大切さを学び、今後社会に出ても活躍できる人材の育成を目指しています。

 

ハンドボールノート

当クラブでは、年長から中学生まで選手全員に、オリジナルのハンドボールノートを配り、練習のたびに記入してもらい、監督コーチに提出、コメントを書いて返却ということをやっています。

ハンドボールが上達するためには「考えること、振り返ること」が重要だと選手には伝えています。考える、振り返るためのツールとして。ハンドボールノートは有効です。

また、選手がどのように考え練習に取り組んでいるのか、監督コーチはどのように考えてこの練習メニューを決めているのか、普段個々の選手とじっくり話す時間がない分、ノートでのやりとりはコミュニケーションの1つとしても大事なものになっています。